リンクの有効期限

情報関連性は常に変化しますが、短縮URLはそうではありません。「リンクの有効期限」機能を使って、事前に設定したタイミングで自動的にオリジナルリンクを変更することができます。 そうすることで、アドレスを変更することなく、ユーザーへ常に最新情報を提供することが可能になります。

「リンクの有効期限」機能は、タスク管理の向上をも可能にします。この機能を使うことで、リンクパラメータ付きのリンクアップデート実施日を設定することができます。これにより、関連性を失ってしまう前に、古いリンクを更新する日を覚えておく必要がなくなります。

この機能の使い方はとてもシンプルです:リンク管理ウインドウから一時リンクを設定します。 その後、訪問者がリダイレクトされる期限切れURLを設定し、リンクの有効期限が切れた後のアクションを管理するとともに、有効期限を設定することができます。

Expiration date and time settings on Short.cm 図1:Short.cmでの有効期限および時間の設定

訪問者は通常の方法で、新しいリンクへと誘導されるため、訪問者がリンクの有効期限について知り得ることはありません。 しかし、期限切れURLを設定しないでいると、訪問者は「アクセスしようとしているページは有効期限が切れています」 というメッセージ付きのエラーページへとリダイレクトされてしまいます。

Expiration URL defining on Short.cm 図2:Short.cmでの期限切れURLの設定

「期限切れURL」機能は、パーソナルプランおよびそれ以上のプランで利用可能です。 Short.cmに登録して、ユーザーに関連する情報のみを提供する一時リンクを作成します。

See all features
無料アカウントを作成する